ニキビ、ニキビ跡で死にたいと思うのはおかしなことじゃない。

どうも、すずこーです。

このページを見てくださり本当にありがとうございます。

私すずこーは、ニキビニキビ跡でめちゃくちゃ悩んでいます。「ニキビごときでそんなに悩んだことなんかねーよ」と思う方もいらっしゃると思います。もしかしたらほとんどがそういうかたかもしれません。

絶望する人

しかしニキビは人に相当なダメージを与えます。これはニキビに悩んだ人しかわからないのかもしれませんね泣 でもだからこそ僕はニキビで悩む人の話を聞きたいし悩みを共有したい。そう思ってます。ニキビで悩んでいる人に対してこの記事を書いていきたいと思います。

すずこーのニキビ遍歴

すずこーがニキビに悩み始めたのは高校生の頃。このころはニキビをあまり気にすることなく、お菓子、ジュースなどなんでも口にしていたし、スキンケアも400円くらいの安い洗顔料で適当に洗うだけでした。

お菓子をたくさん

それでもそんなにニキビが悪化していなかったからですね汗

しかし、大学合格が決まり学校に行く必要もなくなり家でのんびりしていた12月から3月にかけて急に肌のニキビが悪化し顔中にニキビができるようになりました。このころに運転免許所を取得したので免許所を見るたびに胸が苦しくなります。そして宮城で始まる4月からの新生活。僕は全力でニキビを治して生まれ変わろう。そう決意しました。

徹底した食生活、生活習

まず僕が意識し始めたのが食生活と生活習慣の改善です。ここで僕が実際に行っている食生活と生活を書いていきます。

  1. 10時頃には就寝。5時半ごろに起床。
  2. 枕カバーは毎日交換。
  3. 食べるものはほとんど自炊し、外食はしないようにする。
  4. 悪い添加物をほとんど取らないようにする。
  5. 肌に良いとされる食材(食べても大丈夫なもの)だけを食べる。
  6. 炭水化物、脂質は摂り過ぎ厳禁
  7. 部屋をこまめに掃除(最低一週間に二回)

こんな感じですかね。まだありそうな気がしますが、こんなところにしておきます

この中で一番大変なのが悪い添加物の排除ですね。世の中のものは添加物に溢れすぎてます笑「そんなもんニキビに関係ないやろ!」思う方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は少なからず影響を与えていると感じますしまず第一に自分が早く肌の状態を改善したいと思ったら口にしないほうが良いに決まっていると思っています。実際にあなたの使っている調味料や何気なく食べているコンビニ弁当などの原材料名を見てみてください。たくさんの化学調味料などの添加物が入っていると思います。肌に気を使っていない人は別に食べてもいいと思うんですが、僕は食べられません泣 だから買い物もめちゃくちゃ大変です。(そのうち僕と同じように悩む人のためのおすすめの食品やレシピを紹介したいと思っています。)

化学調味料不使用のカレー

一例ですがこれは僕が実際に使っているカレーの壺という調味料です。動物性原料、化学調味料、保存料、小麦粉を使用していないのにとても本格的なカレーの味が出せて大好きです。

スキンケア

ここでは僕が実際に行っているスキンケアについて書いていきます。

  1. 朝起きたらまずは洗顔をし、その後霧吹きできれいな水を顔に振りかけ(水道水があまり肌に良くないと感じたため)刺激が強くならないようにタオルではなくティッシュでふき取る。
  2. 洗顔が終わったら、化粧水で保湿。
  3. その後ビタミンCのたくさん入った美容液を使う。
  4. 皮膚科かからもらった薬を塗る。
  5. 朝夕の食後は錠剤の薬を飲む。
  6. 外に出るときは日光に当たらないように(人目をあまり気にしたくないように)マスクを着用。

僕が主に使っている洗顔料や化粧水、美容液はビーグレンです。

ビーグレン

左からクレイウォッシュ(洗顔料)、キューソームローション(化粧水)、Cセラム(美容液)

(本当に使っているので使いかけで許してください笑)

これらを使って洗顔→化粧水→美容液の順でスキンケアをしています。

ビーグレンを使い始めたのはネットでの評判と、僕が参考にしているニキビケアのサイトの方が紹介していたからです。使ってみた感じはニキビ跡の赤みやクレーターのニキビ跡に徐々に効いていくという感じがしました。しかし僕の場合、徹底しているのにも関わらずに今年(2018年)からニキビが止まらなくなってしまい皮膚科での治療もおこなっています。(跡が治ってきても、ニキビができてしまったら元も子もないですからね汗)ビーグレンが合わないのかもしれないということも考えたのですが、調子が良い時期も使い始めてから数週間続いたのでおそらくそうではないという判断をしています。

皮膚科で処方されている薬

左からヘパリン、アダパレン(いわゆるディフェリン)、ロキシスロマイシン

これらが僕が皮膚科で処方されている薬です。ニキビに悩んだことのある人なら見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。ヘパリンは跡の赤みに効く保湿剤です。アダパレンはできたニキビに塗る薬、ロキシスロマイシンは一日二回食後に飲む抗生剤です。

僕は最近どうしてもニキビがたくさんできてしまい、皮膚科で処方されたのがロキシスロマイシンでこれが抗生物質だからか、飲み始めてから新しくできるニキビの数が激減しました。(処方されている塗り薬(ヘパリン、アダパレン)では新しいニキビがまだできてしまうとお医者さんに伝えました。)このようにお金と時間をかけてすずこーはにきびを少しずつでも治療していこうと考えています。(正直お金はたくさんかかるのでアルバイトも本当に大変です泣)

 

まとめ

ニキビは人の精神を蝕んでいく病気です。ぼくはニキビで何度も死のうと考えていました。周りの人たちは生活習慣、食生活ともに何も考えずに好きなものを食べているのになぜ僕だけ…そう思ったことがあなたにもあるかもしれません。

ネットに転がっているニキビに関する記事は、やれニキビは触るなとかやれチョコレートは食べるなだとか、もうそんなこと当たり前のようにやっているのに全然治らなくて悩んでいるから苦しいんだよ!と思いますよね。

僕もそんな風に考えてまず皮膚行きました。しかし最初に行った皮膚科では跡の赤みはうちではどうすることもできないと薬一つもらわずにお金だけ払って帰っていきました。この日の夜は本当に泣きました。しかし次に行った皮膚科は自分の話をしっかり聞いてくれて薬もしっかり出してくれました。はっきり言って皮膚科には当たりはずれがあると思います。苦しいことを言われてもめげずに良いお医者さんを探すことが大切です!

お医者さん

僕も今現在ニキビ、ニキビ跡を治療しています。(本当は肌の状態をアップしたいところなんですが僕にはその勇気がまだありません本当にすみません。)人とのなにげないコミュニケーションでも肌を気にして、つらくてお母さんに電話して泣いたり一人でベッドの中で死にたいと泣くこともしばしばです。あなたも、もし自分の見た目で悩み、ツライならコメントでもツイッターのDMでもなんでもいいのでぜひ声をかけてください!話を聞かせてください!見た目に悩んで悩んで苦しい思いを現在もしている僕ならあなたのほんの少しでも力になれるかもしれません!

 

最後に、これからも肌のことで悩む皆さんに向けてたくさんの情報を発信したいと考えています。あなたは一人じゃないです。僕もあなたの味方です。諦めずにニキビに立ち向かえば必ず良くなっていくはずです。すずこーは見た目に悩むあなたを全力で応援します!!!

 

この記事をシェアする

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です